【化粧品買取を比較】 コスメショップ vs リサイクルショップの違いを検証

セカンドビューティー コスメサロン紹介

※ こちらのページで使われている「リサイクルショップ」とは、世間一般的なリサイクルショップを示しており、特定のお店のことではありません。


「リサイクルショップ」「コスメショップ」の違いは?

コスメ店長 もりしま

リサイクルショップは主に中古品を販売するお店で、コスメショップは化粧品を販売するお店です。

リサイクルショップに比べると、コスメショップは化粧品しか取り扱っていないので、化粧品・コスメブランド・業界・市場価格において深いレベルで把握しているのが特徴です。

逆にいえば、リサイクルショップでは家電の市場相場などは把握されていると思いますが、当店では家電を査定依頼いただきましてもチンプンカンプンな買取価格しかご提示できないと思います。

リサイクルショップとは?

リサイクル‐ショップ 《〈和〉recycle+shop》
一般消費者から委託されたり買い上げたりした品物を販売する店。

コスメショップとは?

コスメショップは、デパートで見受けられるコスメブランドの直営店とは異なり、店舗を構えて様々なコスメブランドを販売している化粧品のセレクトショップ。

MEMO

リサイクルショップ = 様々な商品を買取して売るお店

コスメショップ = 化粧品を販売するお店


 化粧品に詳しいのはどっち?

コスメ店長 もりしま

化粧品に詳しいのは、間違いなくコスメショップです。

餅は餅屋と言いますが、やはり化粧品ならコスメショップにお任せいただけるのが間違いなく安心だと思います。

リサイクルショップの場合

リサイクルショップで、化粧品の買取をおこなっているお店は見受けられますが、化粧品・コスメ業界にプロフェッショナルか?というと「??」だと思います。

リサイクルショップの査定担当者には、化粧品以外にも家電、ホビーなど幅広い知識が必要なので、どうしても化粧品の事をとんでもなく把握しているという事は少ないのではないかと思われます。

コスメショップの場合

コスメショップは、化粧品・コスメを販売することで売上を得ておりますので、やはり化粧品に関しての知識は深くプロフェッショナルだと言えます。

化粧品の商品自体はもちろんですが、化粧品業界の動向なども把握しているのがコスメショップの特徴です。

化粧品の市場価格・人気や市場流通量などを把握しているからこそ、「この化粧品ならお客様に幾らで売れる」という事が解ります。

化粧品が幾らで売れるかを把握しているからこそ、化粧品を高く買い取りする事ができるのです。

MEMO

リサイクルショップは様々な商品を買い取りするプロフェッショナル。

コスメショップは化粧品を買取するプロフェッショナルです。


 どっちに売るのが高く買い取りしてくれるの?

コスメ店長 もりしま

純粋に買取価格だけで比較すると、ほぼ引き分けだと言えます。

「コスメショップのほうが、リサイクルショップよりも断然高く買取ます!」と言いたいのはヤマヤマですが、実際に買取可能な価格はそれほど変わらないのが現実です。。

リサイクルショップの場合

リサイクルショップが買取価格を決めるときには、ヤフーオークションの落札相場・メルカリでの流通価格・Amazonでの市場相場をリサーチして決めているお店がほとんどです。

検索エンジンで上位表示されているジュエルカフェさんとか、トレジャーファクトリーさん、セカンドストリートさんなどの、しっかりと査定をされているお店であれば、間違いなくリユース市場の相場をリサーチして決定されていることでしょう。

例えば、ヤフオクで1万円で売れているみたいだから、○○○円で買取しよう!という感じです。

リサイクルショップの買取相場は、リユース流通価格の10%〜60%ほどが多いように見受けられます。

どこよりも絶対に高く買取します!という謳い文句のお店であっても、絶対にヤフオクなどの落札相場よりかはでしか買取できないはずです。

それは、リサイクルショップとは、大まかにいうと、ヤフオク相場より安くかって、ヤフオクで売ることがビジネスの軸になっているからです。

なので、どのようなリサイクルショップであっても、買取できる上限価格=ヤフオクなどの流通価格という相場が決まっております。

このことから、安く買取するには、下限はなく1円で買取するお店があるかも知れませんが、高く買取するということに関しては、上限値はどのお店であっても決まっているというのがリサイクルショップ業界の現状です。

コスメショップの場合

私どのコスメショップの場合は、店頭での販売がメインとなりますので、ヤフオクの落札相場や、メルカリ相場には影響を受けないように思われるかも知れませんが、実際には大きな影響を受けてしまっております。

化粧品が定価でドンドン売れれば良いのですが、やはりヤフオクでの相場・メルカリでの相場よりも極端に高額だと、お客様もネットで購入しますという事になってしまいます。

ですので、私どももリサイクルショップさんと同じように、幾らで売れるのか?という上限が決まってしまっておりますので、どうしても買取価格に大きな差を生み出すことが出来ないというのが現状です。

リサイクルショップさんの中でも、化粧品を高く買取することに力を入れている業者さんと、当店の買取価格は、市場販売価格が同じですので買取できる上限値もほぼ同じとなってしまいます。

化粧品の買取に力を入れていないお店さんの場合であれば、当店の買取価格が5000円なのに、リサイクルショップさんは買取500円という事は頻繁にございますが、リサイクルショップのトップクラスとの比較となりますと、それほど買取価格に差は見出せないというのが本音の所でございます。

MEMO

リサイクルショップはヤフオク・メルカリ・Amazonの市場相場を参考にして買取価格を決めます。

コスメショップは店舗でお客様が購入してくださる価格を参考にして買取価格を決めますが、お客様が購入してくださる金額とAmazon相場はそれほど違いはありませんので、どうしてもリサイクルショップのトップクラスの買取価格との差はそれほど無いのが現状です。


 買取価格がそれほど変わらないなら、どっちに売るのが安心ですか?

コスメ店長 もりしま

安心できるのは、女性だけで運営しているコスメショップだと思います。

当店の従業員は女性のみですので、男性はひとりもいません。 そもそも、お客様の個人情報を拝見させていただくのは店長のもりしまだけですので、女性の皆様に安心してご利用いただいております。

リサイクルショップの場合

リサイクルショップの従業員は、男性も多いので、化粧品を売るときに必要になる個人情報を男性に渡す必要があります。

店頭買取であれば、身分証明書の番号を控える程度のことが多いのですが、郵送買取の場合は身分証明書のコピーか、住民票の写しの原本が必要になります。

ですので、あったこともない男性に免許証のコピーを渡すことになるのです。

その男性は、化粧品を売られる女性の個人情報(顔・連絡先・住所・職業・銀行口座)を知ることになるだけではなく、身分証明書のコピーをコピーして個人的に持って帰ったり、業者に情報を販売することも出来てしまいます。

あくまでも、、可能性の話ではありますが、、。
同じ女性として、私はなんて恐ろしいことなのだろうと感じてしまいます。

しかも、古物営業法の規定で最低3年間は保存しておく義務がありますので、化粧品を売った人の個人情報はそのお店にこれから3年間で勤める多くの人が見ることができるのです。

大手IT会社であっても個人情報が流出する時代なのに、一般的なリサイクルショップが個人情報を厳重に保管しているとは考えがたいと私は思います。

男性が多く、入れ替わりが激しいリサイクルショップに個人情報を渡すという事は、私なら不安になりますし、悪用される可能性はゼロとは言えません。

化粧品が少し高く売れるというメリットと引き換えに、3年間も個人情報を男性が見れるかも知れない環境に渡すというのはリスクが高すぎるように感じるのは私だけでしょうか?

そんなものだから仕方ない、、と諦めてしまわずに、ぜひ当店にお任せいただければご安心していただけます。

コスメショップの場合

リサイクルショップに売るよりも、当店にお売りいただくほうが安心だという理由は、やはり女性だけしか居ないからです。

店長のもりしまと、もう1名の女性で運営をいたしております。

個人情報を拝見するのは、査定と買取を担当している店長もりしまのみとなります。
もう1名の女性は個人情報を見ることは一切ございません。

またお客様の個人情報に関しましては、丁寧にファイリングを行い、鍵の掛かった個室にて管理いたしておりますので、万が一泥棒が入ったときでも外部に漏れることは一切ございません。

ただ単純に化粧品を売るだけであれば、1円でも高いお店に売るのがオススメではございますが、免許証コピーなどの個人情報を渡すことを考えると、高く売れる&安心できるという事が必須だと私どもは考えております。

安全でないお店に個人情報を渡してしまったせいで、ストーカー被害に悩まされたり、詐欺の電話が掛かってきたり、営業メールが届いたりしてしまっては、デメリットしかないからです。

化粧品を安心して売るという事にも、セカンドビューティーはこだわりを持って運営をいたしております。

MEMO

リサイクルショップは、男性が多くて従業員の入れ替わりが激しいお店が多いので、個人情報を渡すのが怖いと感じる女性が多くおられます。

コスメショップは、女性だけで運営しているので、男性の目に個人情報が触れることがなく安心できます。


 化粧品の買取専門店は沢山あるみたいですが、コスメショップとの違いは?

コスメ店長 もりしま

化粧品買取専門というお店は沢山ありますが、純粋に化粧品だけを買取しているお店は、私の知る限り当店だけです。

ネットで「化粧品 買取」などで検索すると、びっくりするほど多くの化粧品を買取しているリサイクルショップがヒットしますが、よく調べると化粧品だけを買取しているのではなく、その他にも色々な物を買取しているリサイクルショップばかりです。 化粧品だけを買取している専門店ではなく、販売店舗を持たない買取専門店が化粧品も買取しているという場合がほとんどです

リサイクルショップの場合

化粧品買取専門店というタイトルを付けたお店のホームページが沢山ありますが、よく調べていただけますと、化粧品以外にも、家電・MLM製品・ホビー・お酒・ブランド品などを買取されているお店がほとんどです。

化粧品買取専門店というと、化粧品だけを買取しているお店だから安心できそうと思ってしまいそうですが、実際には化粧品以外も多く買取をしており、化粧品だけを買取しているという訳ではありません。

表示されているホームページでは、化粧品の買取をメインにしているというだけであって、実際には化粧品以外も買取している総合リサイクルショップであることが多くございます。

コスメショップの場合

当店はコスメショップですので、化粧品だけを買取している専門店でございます。

私が知りうる限りでは、化粧品だけを専門にしているお店は当店だけだと認識いたしております。

店長もりしまは、メイクアップアーティストであり、モデルとしても活躍をいたしております。
お手伝いしてくださる女性は、世界的なミスコンでファイナリストにも選ばれた美のスペシャリストです。

化粧品も買取しているリサイクルショップではなくて、
当店はコスメショップが化粧品を買取いたしております

コスメショップですが公安委員会から古物商として認可を受けておりますのでご安心ください。

コスメショップという化粧品のプロフェッショナルによる、
化粧品しか買取していない化粧品の宅配買取サービスが、
メイクアップアーティストが運営するセカンドビューティーです。

MEMO

リサイクルショップは、男性が多くて従業員の入れ替わりが激しいお店が多いので、個人情報を渡すのが怖いと感じる女性が多くおられます。

コスメショップは、女性だけで運営しているので、男性の目に個人情報が触れることがなく安心できます。

化粧品の買取

セカンドビューティー コスメサロン紹介

丁寧な化粧品の査定

店名
セカンドビューティー

所在地
沖縄県 那覇市 具志 3丁目35-9 トップヒルズ具志

事業開始
2016年 5月

代表
盛島 楓

古物商許可番号
沖縄県公安委員会 971041700024号

化粧品の買取価格を匿名でご確認いただけます。

化粧品の査定は、匿名でご利用いただけます。

また化粧品をお送りいただかなくても、LINEにて買取価格を事前にお伝えさせていただいております。

→ 化粧品の買取 セカンドビューティーのトップページはこちらをクリック